STORY

Synopsis of this story

PROLOGUE

【HELIOS】第13期生、入所式。

選抜試験(トライアウト)をクリアしたアキラたちルーキー8人は、期待や不安、それぞれの想いを抱えて会場に集まっていた。

所属セクターと7人のメンターが発表され、入所式は間もなく終了──と思われたそのとき。
敵対組織【イクリプス】の攻撃が、会場を襲う──!

イメージ

ブラッド「悪ふざけはおしまいだ」
アキラ「なっ……」
ウィル「何だ、これ……」
ウィル「……【イクリプス】が全滅してる?」

CHAPTER.01

Sunrise Colors

──『ヒーロー』初日。

【セクターランキング】最下位のサウスセクターに配属されたアキラ。
一日も早く憧れの【メジャーヒーロー】になるため勢い込むが、厳格なメンター、ブラッドにより叱責される。

出鼻をくじかれ、プライドを傷つけられたアキラは、必ずブラッドを見返すことを宣言する。

イメージ

オスカー「口を閉じろ、鳳アキラ」
アキラ「むーーー!  むぐぐ、むぐぐぐぐっ!」
オスカー「静かにしろと言っている。手で口を塞いだまま、息の根を止めても良いんだぞ」
アキラ「…………」
オスカー「……よし」

CHAPTER.02

Roaring Thunder

ウエストセクターに配属されたルーキーたちを待ち受けていたのは、やる気もプライドも皆無に等しいメンターのキースだった。

ルーキーのジュニアは早急なチーム移籍を望むが──。

伝説の『ヒーロー』を親に持ち、自身もスーパールーキーと謳われるジュニア。果たして、彼に足りないものとは……?

イメージ

ジュニア「いや、ちょっと待て……!  なんだよコレ!?  何が起こってるんだ?」
キース「あー、これはオレの能力だ。サイコキネシスって聞いたことあるだろ?  こういうときすっげぇ役に立つんだよな」
キース「電気のスイッチを押すのが面倒なときとか、酒を取りに行くのが面倒なときとか、そういうときにも重宝する」
ジュニア「ルーキーに向けて使うなよ!  っ、離せ!  このクソじじい!」
キース「まだじじいって呼ばれる歳じゃねぇっつーの……」

CHAPTER.03

Evening Calm

長年『ヒーロー』として活躍し、スーパーヒーローとして名高いジェイ。

イーストセクターのメンターに就任するが、ルーキーはもちろんメンターも癖のあるメンバーばかり。

初日から問題が発生し、ジェイはチームをまとめるべく、これまでの経験から得た『ヒーロー』に必要なものを説く。

イメージ

アッシュ「ちょうど今からやる実技トレーニングは、メンター対ルーキーの模擬戦だ。俺相手にどこまでやれるかやってみろ」
グレイ「そ、そんな……!  ジェイさんはそんなこと言ってなかった……」
アッシュ「あんな老いぼれはどうだって良いんだよ。俺の言うことが常に正しいと思え」
アッシュ「ほら、さっさと立てよ。ギーク」
グレイ「……!」

CHAPTER.04

Melting Moon

──入所式から約2ヶ月。

【セクターランキング】不動の1位を誇っていたノースセクターだったが、思いもよらない苦境に陥っていた。

周りに後れを取っていることに気づき、危機感を覚えるルーキーのガスト。
そんな折、旧友のアキラが、チームメイトであるレンと揉めているところに遭遇する。

イメージ

レン「いい加減にしてくれ!」
アキラ「!!」
レン「話すって何を話すつもりだ?  俺はお前に話すことなんてない、同じ空気を吸うのも御免だ」
アキラ「っ、お前に話す気がなくても、オレは——」
レン「お前と話して何になる……。そんなのはただの自己満足だ、お前に俺の何がわかるって言うんだよ!」
レン「俺の邪魔をするな!  もう二度と俺に話しかけないでくれ!」

イメージ
イメージ
イメージ
イメージ
イメージ